予想外のキラーキーワードに出会おう

予想外のキラーキーワード

サイト運営を長く行っていると予想外な出来事が起こることが多々あります。

たとえば、たまたま書いた記事の「あるキーワード」は時としてキラーワードに化けることがあります。

実例を挙げると、

  1. スポーツ系のサイトの番外編として「マグマに女性が落ちる動画」をネットで見つけたのでなんとなく紹介したら、そのサイトのメイン流入キーワードNo1が「マグマ 女性」になった
  2. 同じくスポーツ系のサイトに、本来の趣旨とは別で「ボディービルダーがバク転して死亡してしまう」ニュースを紹介したら、その後、「ボディービルダー 死亡」というキーワードでの流入が爆発的に増えた
  3. 流通系サイトに、ある漫画のタイトルに関する考察を載せたところ、「ある漫画のタイトル」での流入がそのサイトの集客の柱となった

これらはすべて私の実体験です。

共通して言えることは、すべて想定して作ったシナリオではなく、結果として生じた副次的なものでした。

そして、そのキーワードでの集客が見込めると分かったタイミングで、その記事及び関連記事の強化をすることで集客力を倍増することに成功しました。

このように、記事を量産していると、いつか当たりを引くことがあります。

それを大切に、拡大していくことがサイト集客の近道です。

一般受けするネタは集客しやすい

もう一点、キーワードも記事も「一般受け」するものが集客しやすいという特徴があります。

アフィリエイトサイトは1つの商品を売るために集客するので、その商品に興味を持った人を呼ばなければ意味がありません。

ただ、そこに焦点を合わせすぎると、そもそもサイト流入が増えず、Googleから評価されることもなく、結局はターゲット層にも届かないという悪循環に陥ります。

時として、万人受けするネタを用意し、ノンターゲットで集客することも行う価値はあります。

万人受けするネタの中でも、経験上以下の要素があると集客しやすいです。

  • 食事
  • 笑い
  • エロ

人間の本質を見ることが出来た気がしていますw

食事/グルメ系は性別年齢問わず、全人類がターゲットになります。

笑い系は、そもそもネットは暇つぶしで利用という前提を考えると頷けます。

エロ系は、説明するまでもなく強いです。

それらを考慮し、たまにサイトの間口を広げてあげることで、スランプを突破するきっかけになる、かもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。